NEWS

ノイズ宣言

もし仮に1975年スロッピング・グリッスルが爆発的にヒットしてユースカルチャーとしてノイズが定着していたら。
もし仮に1973年に灰野敬二が爆発的にヒットしてユースカルチャーとしてノイズが定着していたら。

ヒップホップやスケートカルチャーのようにファッション誌に「ノイズファッション」が特集され若者が集う。あったかもしれないパラレルな「ストリート ノイズ ポップ カルチャー」をテーマにファッションに落とし込み、偽史を編む。
(U)nderground to (O)verground
///////////////////////////////
What if “noise” music legends such as Throbbing Gristle or Keiji Haino had topped the charts in their time, dominating youth culture? “Noise fashion” would be as prevalent among today’s youth as the fashion you find associated with skateboarding and hip-hop cultures.

Our designs reflect this parallel reality, the world of what could have been, and injects the pop culture theme of “street noise” into today’s history.