NEWS

CHAOS TK!!「ビニール解体工場」復活!!!

80年代前半に数年だけ活動していた高松のバンド伝説「ビニール解体工場」が30年の時を経て、復活!!
監修は高松出身の天才「宇川直宏」
75本500曲の中から31曲を超絶厳選した2枚組。
地元(香川、岡山限定)特典CDR付き
さらにiLのみの特典としてDEKUさんお手製歌詞カード付き(数に限りがあります)

自分も噂だけは常々聞いてきたけどきちんと聴いたことなかったのでめちゃくちゃ嬉しい。空海〜平賀源内〜宮武外骨から脈々と受け継がれてきた香川アンダーグラウンドの血脈を是非聴いて欲しい!!

戦争せん("しない"の讃岐弁)

『戦争せん("しない"の讃岐弁)』のポスターを「セブン-イレブン ネットプリント」にてプリント出来るようにしました。誰でもご自由にプリントして下さい。サイズはA3まで対応していますが好きなサイズに変えて下さい。リミックスも大歓迎です。
iL whereロゴ入り:P5X3SZR8
ロゴ無し:JDGR8QG3
有効期限:2015/07/26 23:59

ノイズ宣言

もし仮に1975年スロッピング・グリッスルが爆発的にヒットしてユースカルチャーとしてノイズが定着していたら。
もし仮に1973年に灰野敬二が爆発的にヒットしてユースカルチャーとしてノイズが定着していたら。

ヒップホップやスケートカルチャーのようにファッション誌に「ノイズファッション」が特集され若者が集う。あったかもしれないパラレルな「ストリート ノイズ ポップ カルチャー」をテーマにファッションに落とし込み、偽史を編む。
(U)nderground to (O)verground
///////////////////////////////
What if “noise” music legends such as Throbbing Gristle or Keiji Haino had topped the charts in their time, dominating youth culture? “Noise fashion” would be as prevalent among today’s youth as the fashion you find associated with skateboarding and hip-hop cultures.

Our designs reflect this parallel reality, the world of what could have been, and injects the pop culture theme of “street noise” into today’s history.