素晴らしいお料理の素晴らしさを正しく伝えよう

魅力ある飲食店作りの中では、お客様にとって求められるメニュー作りが何よりも大切なコンセプトの一部となってくるでしょう。お客様のニーズを分析することによって魅力満載のオリジナリティ溢れるメニュー開発に辿りつけるはずです。お料理には味付け、香り、ビジュアル、プライスなどといった多角的な要素が詰め込まれております。 お客様のニーズを研究するなかで、求められているお料理のコンセプトの輪郭が見えはじめたら、その次にはお料理のネーミングについて考えてみましょう。ネーミングは、その商品(お料理)の良さを伝えるための橋渡しでもあるのです。どんなに良い商品(お料理)であっても、素晴らしく美味しい商品(お料理)であったとしてもネーミングを間違ってしまうと、お客様にはそのお料理の素晴らしさが伝わらないこと言ったこともあり得るのです。たとえばお子様向けに作られた商品(お料理)であれば、お子様が分かりやすいように、また、ご一緒にご来店されるお母様お父様が、その商品についてよく理解していただけるようなネーミングが良いでしょう。さらには、ご高齢のお客様などに向けに作られた商品(お料理)であれば、そのお料理の内容がおご高齢者に分かりやすいようなネーミングが求められてくるはずです。どんなに優秀な商品としてメニュー開発が行われたとしても、その良さが伝わるような宣伝・販売を行わなくては、お客さまはその商品(お料理)に興味を示してくれないのです。