飲食店の可能性を広げよう

客足の途切れない飲食店のあるあるのなかに、有名なシェフや料理長がお料理教室を開催するといったような、お客様を呼び寄せる企画づくりを上手く広告塔として、集客に有効なプラットフォーム作りが盛んに行われているようです。最近では新型コロナ感染症の影響もあり YouTube になどをうまく活用した、お店オリジナルメニューのお料理レシピの紹介や、店主直伝によるお料理教室などの動画レクチャーが、さらなるお店の評判を呼びお料理のテイクアウトやネット販売からのお取り寄せ商品などとして好評を得ているケースもあるようです。飲食店がイートイン、テイクアウト、宅配サービス、オンラインでの商品販売、オンラインお料理教室など多目的に活用できるようなプラットフォーム化されるためには、お客様にとってメリットのある魅力あるコンテンツを企画として打ち出す必要があるでしょう。お店独自のドレッシングやスパイスといったオリジナル商品の開発から、商品化されたアイテムを通信販売するルートを構築することなどによって、お店の活用域が広範囲に広がるようなプラットフォーム化が友好的に働きかけるでしょう。テイクアウトや商品販売を行うことにより、お店の味を家庭に持ち込むといったような販売戦略効果も期待されるのではないでしょうか。