牛肉のブランド力が示すもの

皆さんが通いなれた地元の飲食店でステーキを食べる際、どのような観点からお店選びをしていらっしゃいますか。お店の雰囲気、メニューの価格、クーポン券の配布、味が良いなど、様々な理由をもって行きつけのお店をチョイスされていらっしゃるのではないでしょうか。飲食店でステーキを食べるためのお店選びの条件のなかに、最近になって上位ランキングするようになった要素として「ブランド牛」が注目されはじめているようです。「ブランド牛」とは、産地を示す場合もあれば、品種を表すこともあるようです。ファッションの「ブランド名」に付加価値を付けることが高級品としての利益を高めるように、ブランド牛もその商品価値を高めることが店舗利益、さらには集客に結びついているようです。牛肉のブランド化が急速な展開をみせているのは、もしかするともうすでに日本人にとっては、ステーキや牛肉を食することが特別なことではないといった事柄を差し示しているのかもしれません。当たり前のように日本人の食卓に並ぶステーキや牛肉を、あらためて特別視させるためにブランド牛としての価値や特別感を「ブランド牛」として与えているのかもしれませんね。皆さんがこの一週間、ご自宅もしくは外食として召し上がった夕食のお料理を思い出してみてください。お魚の日がたった1日で、その他の6日間は牛肉であった方や、週7牛肉のメニューであったといった方も珍しくないはずです。最近ではウィークデイのランチ帯にステーキを召し上がる人もいらっしゃるようですから、牛肉を日常的に食する日本人にとってブランド牛のように牛肉の多様性が求められることは必然であるのかもしれません。

「Il-where札幌の美味しさもテイクアウト!」のサイトトップへ