イベントとギフト

バレンタインやクリスマスなどの年中行事によって、世の中がイベントなどで賑わうと経済が「潤う」「周る」といったような言い回しをいたしますが、バレンタインやクリスマスなどで人々がウキウキすると、プレゼントを贈り合ったりすることから外食産業や百貨店、オンラインショップなどで商品を購入したり飲食店などで外食する人々が増えることが日本経済の潤滑剤となるといったような考えがもたれているようです。

実際に家族、恋人、友人、先輩、後輩など身の回りの人々から贈り物を頂くというのは気持ちがワルい事柄ではありありませんので、多くの方が良い行いとして世の中の流れに同調するケースも多いのではないでしょうか。

実際には「バレンタイン」「クリスマス」の本来の意味を知らない日本人がお祭りごとのようにただ単に大騒ぎしているといった形で世の中の盛り上がりを悲観する有識者たちもいるようですが、プレゼントを贈り合う行為が、人々の心や生活感を豊かにしてくれることは確かなことなのではないでしょうか。

日本伝統の贈り物としては、お中元やお歳暮といった習慣があるように、日頃の感謝や愛情を込めてプレゼントを贈り合う人々の行動は、社会を悪い方向へ導いていくことはないように感じています。

近年の日本国内における「バレンタイン」「クリスマス」の皆さんの活動はどのようなアプローチとなっていらっしゃいますか。実際には、このような社会的規模のイベントが社会現象として盛り上がることで、一企業の「儲け」につながるといった意味合いが大きなムーブメントの起爆剤となっているようですが、これからもプレゼントやギフトを介してつながる人と人の絆を大切にしていきたいものですね。

「Il-where札幌の美味しさもテイクアウト!」のサイトトップへ