フードビジネスの展開と展望

              

日本人口の減少は少子高齢化とともに著しくなる傾向が予測されております。その一方で海外、特にはアジア圏での人口は増加していく傾向がみられ、将来的な展望のなかで2050年頃には、世界人口100億人といった憶測がささやかれております。

日本の人口が将来的な見通しの中で減少する予測が打ち立てられるなかでのフードビジネスの生き残りはどのような展望を築いていくべきであるのでしょうか。

日本人口の減少とともにフードビジネス業界の市場での争いが、ますます激化していく可能性は明らかでもあります。世界的な動きの影響を大きく受ける経済力の発展は、さらなるフードビジネスの事業をも苦しめることつながるかもしれません。

国内で小規模に個人で営む飲食店、全国展開する大手外食チェーン店、それぞれが集客を求め日本国内にとどまらずアジアさらには世界に向けたマーケットの広がりを視野に入れた形での経営の方向転換を求められていく可能性はなきにしもあらずです。

予想通りには行かない展開

                   

2020年東京オリンピックとともにやってくるインバウンド観光客を見越したフードビジネス業界のこれまでの戦略は、予想外の事態による大きな歯どめを受け、その足並みをそろえるように停滞せざるおえなくなりました。

明るい兆しとしては、今後の各飲食店産業の生き残りをかけた戦略の一つとして、テイクアウトやデリバリーなどが新たなサービスのあり方としてクローズアップされるようになりました。

スマートフォンのアプリなどを利用することによって、誰もが気軽にその場で食べたいものをチョイスし、食べたい場所でピックアップできる画期的な現代サービスの1つとして多くの人々が自身のライフスタイルのなかに取り込みはじめたのです。

ブランドの力で産業を支える

                    

大量生産・大量消費の代表として知られるファストフードやファストファッションは、皆さんもご存知の通り良い面もあればデメリットとなる面も多いものです。

高級品とも言われるブランド商品は、そのブランドの顔ともなる製品の品質や技術における「こだわり」が、多くのファンを惹きつけそのほとんどが一般的な商品から比較すると高額な商品でもあるにも関わらず、多くのファンを勝ち取ることができるのです。

ブランド商品のように、巷にあふれる大量生産された商品との比較化の中で付加価値をつけて販売される商品は、大量に生産されるものづくりとは違い、他にはないオリジナリティー溢れるブランド品としての特別感を感じる個性が求められてくるでしょう。

ファッションだけではなく。フードビジネスにおいても食材としての希少価値や、飲食店独自のオリジナリティなど、「ブランド」といえる力が求められる時代ともなっています。

固定的な数多くのファンを獲得することによって安定した利潤を得られるといった点が、何よりもブランド力のメリットとも言えるでしょう。